村上 華岳 | 買取作家・取扱い品目 | 絵画・美術品高価買取なら美術品店「豊後」

無料鑑定・無料出張買取 0120-367-222 受付時間:9:00〜18:00

買取品目絵画 日本画

村上 華岳

1888年
大阪天満松ケ枝町に生まれる。本姓武田、甲州武田氏の末裔。本名震一。
1903年
京都市立美術工芸学校へ入学。
1907年
京都市立美術工芸学校卒業。
1909年
京都市立絵画専門学校に入学。
1917年
洛北衣笠に転居。この頃仏画に筆を染め、静物、風景等を多く描く。
1918年
国画創作協会(国展)を結成。
1923年
京都を去り、神戸に帰り、芦屋に隠棲。
1925年
タゴール翁と識する。「タゴール像」を素描す。国展第五回に「松巒雲煙」出品。
1926年
久邇宮家の献上画を作成。
1927年
神戸花隈の旧居に帰る。この頃より画壇を遠ざかる。以後制作は多いが公表は少なくなる。
1934年
華岳作品の憧憬者が集まり、各自その収蔵作品を持ち寄り、東京永楽倶楽部において展列を行う。
1935年
帝国美術院第一部無鑑査となる。
1936年
京都美術倶楽部において友人達が作品百余点を展示する。
1939年
11月11日、神戸花隈の家居において宿咳に悩まされながらも、「牡丹図」に加筆するため礬水びきをするが、その夜遂に永眠する。享年51。


村上 華岳の高価買取なら
豊後にお任せください!

絵画 日本画:「ま行」 の
買取作家・取扱い一覧

絵画 日本画:その他の
買取作家・取扱い

その他の買取品目