速水 御舟 | 買取作家・取扱い品目 | 絵画・美術品高価買取なら美術品店「豊後」

無料鑑定・無料出張買取 0120-367-222 受付時間:9:00〜18:00

買取品目掛軸 日本画

速水 御舟

1894年
東京府東京市浅草区浅草茅町二丁目16番地(現在の東京都台東区浅草橋一丁目)に生まれる。
1908年
松本楓湖の安雅堂画塾に入門。
1909年
師の楓湖から禾湖の号を授かる。母方の祖母である速水キクの養子となる。
1911年
巽画会展に「室寿の讌」を出品、一等褒状。同門の今村紫紅に従い紅児会に入会。
1912年
画号を浩然と改める。
1913年
紅児会が解散し、再興日本美術院展(院展)に活躍の場を移す。
1914年
号を御舟と改め、養子先の姓である速水姓を名乗る。今村紫紅を中心とした美術団体・赤曜会を結成。
1917年
第4回 院展に「洛外六題」を出品。日本美術院同人に推挙。
1919年
浅草駒形で市電に轢かれ左足切断の災禍に見舞われる。
1925年
軽井沢での滞在を元に代表作の一つ「炎舞」を制作。
1929年
ローマ日本美術展覧会の美術使節として横山大観夫妻、大智勝観らと共に渡欧。第16回 院展に「名樹散椿」を出品。
1935年
腸チフスにより急逝。

速水 御舟の高価買取なら
豊後にお任せください!

掛軸 日本画:「は行」 の
買取作家・取扱い一覧

掛軸 日本画:その他の
買取作家・取扱い

その他の買取品目