前田 青邨 | 買取作家・取扱い品目 | 絵画・美術品高価買取なら美術品店「豊後」

無料鑑定・無料出張買取 0120-367-222 受付時間:9:00〜18:00

買取品目掛軸 日本画

前田 青邨

1885年
岐阜県恵那郡中津川村(現・中津川市)で出生。
1898年
上京し京華中学校に入学するが体をこわして中途退学、帰郷。
1901年
再び上京し、尾崎紅葉の勧めで梶田半古に入門
1902年
半古から「青邨」の雅号を貰う。梶田半古の弟子は小林古径をはじめ雅号に「古」の字を貰うことが多かったが、青邨以降は奥村土牛を含め「古」を貰っていない。
1907年
紅児会に入り、今村紫紅、小林古径、安田靫彦らの俊英とともに研究を続ける。
1914年
再興された日本美術院の同人となる
1918年
日本美術院評議員に推挙される
1922年
事業家・望月軍四郎の援助で小林古径と共に日本美術院留学生として約1年間渡欧。アッシジで観たジョット・ディ・ボンドーネの壁画などイタリア中世の絵画に感銘を受ける。
1930年
「洞窟の頼朝」で第1回朝日文化賞受賞
1935年
帝国美術院会員となる。御即位記念献上画「唐獅子」を制作
1937年
帝国芸術院会員に推挙される
1944年
帝室技芸員に推挙される。
1950年
文化財保護委員会専門審議会委員に就任
1951年
東京芸術大学日本画科主任教授に就任。翌年より平山郁夫が青邨の助手となり、爾来指導を受けることとなる 
1955年
文化勲章受章、文化功労者。中津川市名誉市民となる
1956年
日本美術家連盟会長に就任
1958年
日本美術院常務理事
1959年
国立近代美術館評議員
1960年
訪中日本画家代表団団長
1962年
東京芸大名誉教授
1964年
日光二荒山神社宝物館の壁画「山霊感応」完成
1967年
法隆寺金堂壁画再現事業総監修に安田靫彦と共に就任
1970年
皇居長和殿「石橋の間」に1955年(昭和30年)に謹作した壁画「石橋」を加筆。新たにその左右に「紅牡丹」「白牡丹」の二面を制作
1973年
高松塚古墳壁画模写事業総監修者
1974年
ローマ法王庁からの依頼によりバチカン美術館に納める「細川ガラシア夫人像」を完成
1977年
10月27日 老衰のため逝去(92歳没)。贈従三位

前田 青邨の高価買取なら
豊後にお任せください!

掛軸 日本画:「ま行」 の
買取作家・取扱い一覧

掛軸 日本画:その他の
買取作家・取扱い

その他の買取品目